レトルトカレーのタンパク質の量を比べてみた

128円の卵のっけレトルトカレーの栄養成分表示
公開日: 更新日:

アラフィフ、独身男子のろしです。
最近のコロナの買い溜めで缶詰や冷凍食品、レトルト食品をいつもより多くストックしているのですがそん中でレトルトのカレーが多くを占めていたりします。
いざとなればそのままでも食べれるし味もいいですし、長持ちしますしよくできた保存食だと思います。

で、今まではパッケージを見て美味しそうなのをなんとなく選んでたのですが最近は賢く栄養成分表示を確認する様になりました。
そこで気付いたのですが1袋のタンパク質の量ってピンキリだなってことです。まあ当たり前ですが安いのは少なく高いのは多く入っています。
どんぐらい違うかを家にあるレトルトカレーで比べてみました。

目次

  1. 神田カレーグランプリ 第1回優勝 チーズカレー
  2. イータイムのビーフカレー
  3. 128円の卵のっけカレー
  4. タンパク質の量と値段の釣り合いで商品を選ぶ

神田カレーグランプリ 第1回優勝 チーズカレー

美味しそうなパッケージに惹かれて買いましたが栄養成分表示を見るとタンパク質が6.7gと少ないです。
例えばマルちゃんの赤いきつねは10.6gあります。
カップ麺よりも少ないとはどうなんでしょうか?要は肉はほとんど入っていないということですね。
一般的なレトルトカレーの半分程度なので金額も半分程度ならば納得がいきます。
ただそこまでは安くなかった様に思います。

イータイムのビーフカレー

シンプルな今風のデザインに惹かれて手にとったと思います。
「肉の旨みひろがるこだわりの優夢牛カレー」とあります。
これでタンパク質が少なかったら詐欺ですが栄養成分表示を見ると16.2gです。
これはそれなりには肉が入っている様です。
ただ少し高かったかもしれません。

128円の卵のっけカレー

これはスーパーで見つけた確か128円のカレーです。激安ですね。ただやはりというか栄養成分表示のタンパク質の量をみると3.9gとめちゃくちゃ少ないです。
安いだけありますね。
なんとなくお腹は膨れるのかもしれませんがすぐにお腹がすいてしまうと思います。

タンパク質の量と値段の釣り合いで商品を選ぶ

値段だけ見て選ぶと結局は損をするかもしれません。タンパク質が少ないと結局お腹が空き沢山食べることになるでしょう。そうすれば逆に太ってしまうという弊害も出てきますし、お金も結局は多くかかってしまうでしょう。
なのでなるべく沢山タンパク質の入っているのを選び、その中で安いのを探すということが重要だなと最近気づいたのでした。

追記 2020/08/13 北海道産チキンの濃厚スープカレー

これはちょっと高かったですが何と17.6gも入っています。
箱は普通のレトルトの3倍近い厚みがあります。
具が丸ごと入っている様です。
税抜き478円

作成者: ひろしっち

プロのマジシャンやってます。 こちらは昔のブログから移行した記事とマジックとは関係ない記事などです。 マジック関連は以下をご覧ください。 ひろしつちや マジシャン出張、派遣マジックショー 記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。 フォローも良かったらお願いします。 Instagram / YouTube / Facebook