iPhoneの操作方法メモ

iPhone12ProMax

更新日

投稿日

iPhoneの操作法補を忘れない様にメモしていく。
ちなみに現在使っているのはiPhone 12 Pro Max。

目次

文字入力、キーボード

キーボードをマウスパッドにしてカーソルを動かす

空白キーを長押しするとキーボードがマウスパッドに変わりカーソルを好きな場所に移動できる。

Siri

  • Siriで新しいリマインダーを追加する
    「買い物リストにキャベツを追加」
  • 今日のランチは980円とメモ
  • ランチのメモを読み上げて
  • カレンダーの追加
    • 明日の3時に会議を設定
    • 明日の18時に買い物の予定を入れて

リマインダー

ボイスオーバー

○文字入力

スプリットタップ入力

指で抑えながら他の指でタップする。

○フリック入力のスピードをあげるには?

設定、一般、キーボード、キーボード、日本語かなと進み、フリックのみをオフにする。

次に、設定、一般、アクセシビリティ、ボイスオーバー、欧文通話フィードバックと進み、文字と欧文通話を選択。

スクリーンカーテン

3本指の3回タップで切り替えです(VoiceOverと同時にズーム機能も有効にしている場合は4回タップ)

▽文字入力と編集 2-2 文字の選択範囲とコピー&ペースト

http://ipad-voiceover.blogspot.jp/2015/02/2-2.html

http://www.amedia.co.jp/product/iYomube/VoiceOver.html

入力モード

・標準入力モード

・タッチ入力モード

・ダイレクトタッチ入力モード

iPhone、iPad、iPod touch の VoiceOver ローターについて

○標準入力モード

左右にスワイプしてキーボードのキーを選択してから、ダブルタップして文字を入力します。または、指をキーボードの中で動かしてキーを選択し、1 本指でキーをタッチし続けたまま別の指で画面をタップします。

キーを選択すると VoiceOver からキーが読み上げられ、文字を入力するときにもう一度読み上げられます。

○タッチ入力モード

キーボードのキーにタッチして選択し、指を離して文字を入力します。間違ったキーをタッチした場合は、使用したいキーに指をスライドさせます。

キーをタッチすると、VoiceOver からそれぞれのキーの文字が読み上げられます。指を離すと、VoiceOver は文字を入力します。

○ダイレクトタッチ入力モード

VoiceOver がオフの場合と同じように入力します。このモードでは、入力時のみ VoiceOver がオフになります。

VoiceOver ローターで「入力モード」を選択

フリックで変更できる。

その1.ページ全体を読み上げるには

2本指で、上方向にスワイプします。

その2.読み上げを停止するには

2本指で、タップします。

その3.現在位置から読み上げを開始するには

2本指で、下方向にスワイプします。

その4.読み上げ対象箇所を前後移動するには

左または右にスワイプします。見出し、段落、リンク、箇条書き、といった情報の「まとまり」単位で、読み上げ対象箇所を前後に移動することができます。

○一時的に消音するには

3本指で、ダブルタップします。もういちど、3本指でダブルタップすると、消音状態が解除され

トリプル?

▽メモ

○文字の選択範囲とコピー&ペースト

ダブルタップ長押し

○メモ内のリンクを開く

ダブルタップ長押し

▽コントロールセンターを表示

デバイスの画面上部をタップして、VoiceOver のフォーカスをステータスバーに移動

3 本の指で画面の下から上にスワイプ

FaceTimeオーディオ

電話に出る

 VoiceOverを設定中に電話がかかってきたら、二本指でダブルタップで応答できます。

FaceTimeオーディオの操作画面を隠す

通話相手の名前、アドレスを選択してダブルタップ。
ホームボタンをダブルタップ。(下から1、2でスワイプする)
操作画面が消えて画面が全て表示される。操作画面は左上の緑になっている時間をタップすると出現する。

▽再起動

 「スライドで電源オフ」と音声ガイドされるまでスリープボタンを押し続けます。

 ボイスオーバーが起動している場合は、その状態で画面のどこかをダブルタップすると電源が切れます。

 10秒ほど待って、もう一度スリープボタンを2秒ほど押し続けます。

操作方法


操作方法

iPhone ,アプリ


iPhone,アプリ


投稿日

カテゴリー: