アベノミクスで円安の仕組み

公開日:

一時期70円ぐらいだった為替レートもアベノミクス効果で1ドル100円ぐらいになってしまいました。
海外旅行に行く場合に余計にお金がかかりますし、海外の通販で買い物する場合も前よりかなり高くなってしまいました。
多くの人にとって円安はデメリットのほうが大きいように思うのですが。

しかしなぜアベノミクスで円安になるのでしょうか?
為替レートは市場で決まります。
なんでもそうですが数が沢山あるものは値段が下がります。
逆に希少なものに対しては値段が上がります。

日本はアベノミクスで大量の借金を追加することにしました。
貨幣の供給量が増えるわけです。
そうすると当然ながら日本円の価値が下がります。
その結果現在の円安となっています。

こうやって考えると経済ってそんなに難しくないですね。
日常の感覚の延長線上にあるんですね。

作成者: ひろしっち

プロのマジシャンやってます。 こちらは昔のブログから移行した記事とマジックとは関係ない記事などです。 マジック関連は以下をご覧ください。 ひろしつちや マジシャン出張、派遣マジックショー 記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。 フォローも良かったらお願いします。 Instagram / YouTube / Facebook