それでもボクはやってない 映画

公開日:

「それでもボクはやってない」
フジテレビでやってたので見たんですけど、皆さんも見ましたか?
怖いですねえ。
警察、検察官、裁判所。
すべて酷いですよね。
実際もあんな感じなんでしょうか?

やはり世の中で一番怖いのは国家権力なんですね。
ヤクザなんて可愛いもんです。
犯罪件数が高い国が悪く、低い国がいい国だと言うことではなく、犯罪が起きたときに適切な処理がされる国が良い国であるということですね。
このことに関してはまだまだ欧米を見習わなければいけないのではないでしょうか。

警察や検察や裁判官が信用されていないが為のマイナスは計り知れないと思います。
その為、新しいことをやるにも足踏みしたり、無駄なことで争わなければならなかったり、人と人とが疑心暗鬼にならなければならない。
国が頼りにならないので、すべて自分で責任を取らなければならない。
なのでもめるようなことはしない。
たとえ正しいことであっても、もめて裁判沙汰にでもなると怖いので、何もしないことにする。
このことによる経済的損失も計り知れない。

裁判の有罪率が99.9%なのは、検察が100%有罪になると思うものしか起訴しないからだと、元検事の堀田力が言ってました。
本当は裁判官が有罪か無罪かを判断しなければいけないのだが、その前に検察が勝手に判断しているわけです。
万が一起訴した事件が無罪になれば自分の検察内での昇進などに関係してくるので、有罪か無罪かが五分五分のようなときは起訴しないんだそうです。
酷い話ですねえ。

作成者: ひろしっち

プロのマジシャンやってます。 こちらは昔のブログから移行した記事とマジックとは関係ない記事などです。 マジック関連は以下をご覧ください。 ひろしつちや マジシャン出張、派遣マジックショー 記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。 フォローも良かったらお願いします。 Instagram / YouTube / Facebook