Move Zero (Vol 1) by ジョン・バノンの感想、レビュー

Move Zero (Vol 1) by John Bannon and Big Blind Media2

3月11日21年更新

ジョンバノンさんのセルフワーキングの作品を集めたDVDのボリューム1です。

ボリューム2を先に見たのでこれが2つ目になります。

個人的には「Sort Of Pyschic」「Four Sided Gemini」「Perennial」が気に入りました。
テクニックを使わないでいいので退職後に趣味でマジックを始めた年配の方などにもおすすめ出来ます。

Move Zero (Vol 1) by John Bannon and Big Blind Media – DVD

Vol4まで出ています。もとは「Destination Zero by John Bannon (Book) 」と「Mentalissimo by John Bannon」と言う本です。

今、4巻セットが安く売ってますね。
Move Zero (4 Volume Set) by John Bannon and Big Blind Media – DVD $59.99

その他のレビューはこちら

MOVE ZERO VOLUME 1の内容

Collusion
Sort Of Pyschic
* Trickbag – Jay Ose False Cut
* Trickbag – Cross Cut
Ulterior
* Trickbag – Cut Deeper Force
Prophet Motive
* Trickbag – Deal & Cross Cut Force
* Trickbag – Spectator Ose Cut
* Trickbag – Remote Control
* Trickbag – Rosetta Control
Ion Man 
* Trickbag – Equivoque
Ban-nihilation
Four Sided Gemini
Perennial
* Trickbag – Equivoque

太字が作品でTrickbagというのがテクニックなどの解説です。

気になった作品の感想

Collusion

2人の客に好きな数字を思ってもらい順番にカードをその数自分配り各自Jokerを置いてもらう。

Jokerの次のカードを取り出してからJokerをめくるとバリューとスーツ(マークの事)と書いてあり2枚のカードからそのバリューとスーツを合わせた1つのカードを決める。

先程の2人の数字を足した数を配っていくとその決めたカードが出てくる。

こんなマジックです。マジシャンには有名な”Gemini Twins“で使う方法でカードを選んでます。

多少テクニックを使いますがシャフルしたデック(1組のトランプのこと)から始めることも出来ます。

“Gemini Twins”の方法をあくまでバリューとスーツを決めるために使っているのが良いところでしょうね。”Gemini Twins”は自分でそのカードを選んだ感がどうも気薄に感じるようなのがあると思うんですがこのカードがダイレクトに関わってこないので希薄なところが気にならなくなっているように思います。

そして全く繋がりのない事柄が偶然の一致(coincidence)したように感じます。

2枚のカードを選ぶのに使うJokerの裏にはバリューとスーツと書いた紙が貼ってあるんですがあればわかりやすいけど準備がいるから無くてもいいかな。

このマジックのクレジットですが以下を上げていました。

このトリックを最初に発表したのがTheo Annemannで”Gemini Twins“と名付けたのがKarl Fulvesということなんですかね?

Karl Fulves “Gemini Twins”,
More Self-Working Card Tricks(1984)

Theo Annemann, “Locatrick”,
The Jinx, no.39 (December 1937)

Sort Of Pyschic

パケットから客に好きなカードを覚えてもらう。
直感力(Intuition)のテストで客のカードがどちらに有るか二者択一を三回やる。本番でカットしたところから客のカードが出てくる。

有名な21カードトリックなどと同じ原理ですが二者択一なのと直感力のテストだと本意をずらしているのとリバースフェローを使っているせいで原理が分かりづらくなっています。

もしもっと分かりづらくするにはカルを使って完全に見えなくすることもありかなとも思いましたがどうでしょうかね?そこまですることもないかとも思ったり。

もとはマックス・メイビンさんの作品で半分の8枚(これは16枚)でやる手順だそうです。

これが倍の16枚になって最後はクロスカットフォースで2パターンになっていますが最初は気づかずにあれ?なんでわかったんだろう?とまんまと騙されたのでした。

Jay Ose False Cutをたくさん使っています。(3つのパイルにカットしてから元に戻すやつ)

評価 : レパートリー入り

Ulterior

カード当てで客がカードを選ぶ時に「Cut Deeper Force」を使っています。

客がシャフル後に6枚取り出してその中から客が選択していき最後に残ったカードが客のカードです。

普通に当てるのでなくバノンさんはミスコーリングして間違ったふりをしてから実は当たっていたという演出です。

この当て方はちょっと単純だろうと思いましたがウケが良いのを見て考えを改めました。この演出を使ってみたいと思います。

Prophet Motive

マジシャンが最初に選んでおいたカードとその後よく混ぜた中から客が選んだカードが一致する(メイトカード)と言う現象。

よく混ぜてもらうのでお客さんからするとかなり不思議だと思いますがマジシャンからするともう一捻り出来ないものかと感じてしまいます。

客の最後の選択はカットフォースです。実演ではやっていないリバースフェロー(reverse faro)でのやり方も解説している。

客のするシャフルはロゼッタシャフルで実演ではやっていないリフルシャッフルでのやり方も解説している。

バノンさんが作品内でリマーカブルとよく言ってます。どんな意味かと調べたら以下の意味でした。
remarkable
【形】
注目に値する、優れた、卓越した
目立った、並外れた、異例の

Ion Man

3種類のコインを使った予言のマジック
3枚から1枚選び表裏を決めたらそれが予言されている。

メンタルマジックですね。
52枚のカードと比べると6分の1の確率なので驚きは少ないんじゃないかと思うのですがどうなんでしょうか?私はメンタルマジックは演らないのでそこらへんはよくわからないです。

Tail(裏)が選ばれた場合の解決方法はいまいちかな。

ここでは「Equivoque」エキボック、エキボク?が解説されています。マジシャンチョイスのことを「Equivoque」と呼んでますね。検索すると以下のような意味で出てきました。

equivoque
【名】
幾つかの意味に解釈できる言葉、曖昧な表現

この意味を見るとマジシャンズチョイスとは必ずしも一致しないような気もしますし、マジシャンズチョイスの一部という感じもしますがまあイコールとしていいのかな?

マジシャンが使うマジックの用語集

Ban-nihilation

サッカートリックになっているカードの予言
クロスカットフォースを使う。このフォースされるカードは客がシャッフル後に予言の2枚のカードに隠れて密かに加えられる。
2枚のカードをデックに表向きにバラバラに刺し込んでその間をカットしてもらうという面白い演出がされている。
その2枚のカードが予言のカードかと思いきや裏に貼り付けているポストイットに予言が書かれていてそれが当たっている。

ポストイットなど事前に準備が必要

Four Sided Gemini

最初のCollusionと同じ”Gemini Twins“の方法が使われている。Collusionでは最初の2枚が3枚目のカードの数字とスーツ(マークの事)を示しているわけだがこちらは最初の2枚と3枚目が同じスーツで最初にカードボックスに入れたカードも同じスーツと言う演出。

セットが必要だが多少のスキルが有ればセットなしでもいけます。

私はGemini Twinsでの隣のカードのところがどうしても好きになれない(十分に錯覚的であることは承知していますが)のですがこれは2枚を抜き出した後すぐにはカードを見ずに先に3枚目のカードを探す演出でそこに時間が費やされるためか、結果的には最初の2枚の選び方がどうであったかは記憶から薄れるようになっている気がします。

まあとにかく悪くないということです。

Perennial

客がシャフルしたカードの並びを見て予言を名刺の裏に書きます。

誕生日の月や日の枚数を配り、名前のスペルの枚数も配ります。最後にカットしてもらうとそこのカードが予言されているというマジックです。

客がシャフルした並びから予言を名刺に書くという演出はVol2の「Leverage」と同じです。とてもいい演出だと思います。

誕生日の月日数やスペルを配る演出も個人と予言がまるで関係あるかのように感じるでしょうからとてもいいと思います。

総評

どれも良かったですが「Sort Of Pyschic」「Four Sided Gemini」「Perennial」が特に良かったです。この3つはいつでも出来るようにしたいですね。

1つでもやりたいのがあれば当たりなのでこれは大当たりというところでしょうか。まあ大当たりはいいすぎかな。中当たりぐらいで。

いちばん演らなそうなのはコインの「Ion Man」ですかね。別に悪くはないですがどうしても選択肢が少なく、メンタルマジックやメンタリスト演出の人向きかそれかちょっとしたテスト程度にやる感じでしょうか。

どれも手先のテクニックを使わないので年配の人会社退職後にマジックを趣味で始めるような方おすすめできます。

もちろんプロでも十分に使えるレベルのマジックです。

あとはVol3と4が未見ですがまだ購入していないので次の買い物あたりに購入しようと思ってます。

関連記事