日本語熱が海外で沸く

公開日:

日本語熱、海外で沸く・韓国や豪州で298万人、アニメ人気も後押し

昔と比べると増えたのかもしれないがたかだか300万未満だという気もする。

そもそも、日本語は喋るのはかなり簡単ですよね。
英語みたいに複数形とか、過去形で変な形に変化するのもないし、母音も5つだけだし。
敬語がありますが、日本人でもちゃんと喋れるような人は少ないし、少し言葉を付け加えて丁寧に見せることでたいてい間に合います。

問題は漢字ですが、漢字自体はもともと絵から変化しているので上手く教えれば覚えるのも面白いし、それ程難しくはありません。
逆にアルファベットなどはなんの意味のない記号ですから逆に漢字より難しいとも言えます。
記憶力でπとか、いろんな品物を覚えちゃう人がいますが、あれは何らかの絵を想像して数字や品物を絵と結びつけ、そこから物語を作り、なんの脈略のない物を覚えます。
そう考えると、漢字はその作業が無く、イメージと結びつけれるので、アルファベットより優れていると言うことも出来ます。

問題は漢字の読みです。
本場の中国では読みは一種類だけですが、日本では日本語読みと中国読みで漢の頃と
唐の頃と、複数あるので面倒です。
しかし、意味は何となく分かります。

こう考えてみると日本語って今まで言われているより全然簡単なんです。
欠点といわれていたことも、実は多様性による表現の豊かさと結びついていたりします。
それにタイプライターの時代からワープロ、パソコンの時代となり、コンピューター技術も日本語を前より使いやすくしてくれています。
なのでもっと沢山日本語を喋れる人が増えてくれるといいなと思います。

作成者: ひろしっち

プロのマジシャンやってます。 こちらは昔のブログから移行した記事とマジックとは関係ない記事などです。 マジック関連は以下をご覧ください。 ひろしつちや マジシャン出張、派遣マジックショー 記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。 フォローも良かったらお願いします。 Instagram / YouTube / Facebook