CentOS5.5にyumでphpMyAdminをインストールする

公開日:

CentOS5.5にyumでphpMyAdminをインストール
自分用の備忘録です。

●php-mcryptこれがないと動かないかどうかはわからないのですがインストールする記載を見たのでとりあえずインストール。
レポジトリはremiを追加してます。
yum –enablerepo=remi install php-mcrypt

●phpMyAdminのインストール
バージョンは3.4.4-1.el5.remiでした。
yum –enablerepo=remi install phpMyAdmin

●デフォルトだと接続がlocalのみなのでリモートのPCアドレスを追加
vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf

<Directory /usr/share/phpMyAdmin/>
   order deny,allow
   deny from all
   allow from 127.0.0.1
   allow from 192.168.xx     ※ここを追加してます。
   allow from ::1
</Directory>

●phpMyAdminのログイン画面に出てくるmysqlのパスワードが設定されていないと「AllowNoPassword」なんちゃらとエラーになるので以下を修正。
vi /etc/phpMyAdmin/config.inc.php

$cfg[‘Servers’][$i][‘AllowNoPassword’] = false;

$cfg[‘Servers’][$i][‘AllowNoPassword’] = true;  ※trueに変更。

●httpdの再起動です。
service httpd restart

以下で接続できます。
http://アドレス/phpmyadmin/

作成者: ひろしっち

プロのマジシャンやってます。 こちらは昔のブログから移行した記事とマジックとは関係ない記事などです。 マジック関連は以下をご覧ください。 ひろしつちや マジシャン出張、派遣マジックショー 記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。 フォローも良かったらお願いします。 Instagram / YouTube / Facebook