Webサーバへのhtml、phpファイルの転送方法紹介

公開日:

■ファイル転送
Webサーバへのhtml、phpファイルの転送方法
文字化けしないようにWindowsPCからCentOSのWebサーバにファイルを転送する。

●方法
Windowsの秀丸でShift-JISからUTF-8に変更してからWinSCPでファイル転送する。

●ファイル転送ソフト
WinSCP
ファイル名が日本語でも文字化けしないための設定。
セッション > 新しいセッション > セッションを選択、編集か新規で作成し下のファイル姪をUTF-8でエンコードをオンに。

Webサーバへのhtml、phpファイルの転送方法紹介

●PC側
サーバにファイルをアップロードしたファイルが文字化けしないようにする。
WnodowsのデフォルトはShift-JISでサーバはUTF-8
WinSCPでファイルを転送した場合、文字コードの変換機能がないので、転送する前にWindows側で変換しておく。
秀丸でUTF-8にする。右下をクリックし、UTF-8を選択。

ポップアップがでるので内容を維持したまま適用をクリックする。

■サーバ側
サーバ側で文字コードを確認、変換するコマンド
●ファイルの文字コードを確認するコマンド
 #nkf -g test.php
Shift_JIS

●文字コードをUTF-8に変換するコマンド
nkf -w –overwrite test.php

作成者: ひろしっち

プロのマジシャンやってます。 こちらは昔のブログから移行した記事とマジックとは関係ない記事などです。 マジック関連は以下をご覧ください。 ひろしつちや マジシャン出張、派遣マジックショー 記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。 フォローも良かったらお願いします。 Instagram / YouTube / Facebook