広島「原爆の日」に心に響く小学生のスピーチ


8月7日07年更新

昨日は広島の「原爆の日」でしたが、私は実は広島の被爆二世です。
その割には毎年あまり関心を示しておりませんが。

昨日はたまたま平和記念式典の映像を見ました。
朝テレビ付けたら民放は朝青龍の話題で埋め尽くされていたのでそれに嫌気をさしてNHKに換えたところ丁度やってました。

素晴らしいスピーチだなーと聞いていたら広島の小学生のスピーチでした。
なんかよかったですねえ。心に響くスピーチでした。
親に聞いたところいつもにまして今年の小学生のスピーチはよかったと言っていました。

で、その後の安倍総理のスピーチは、単なる原稿の棒読みで何にも心がこもっていないスピーチでした。
あれじゃダメだよなー。
あれじゃ選挙負けちゃうのも納得です。
人の心の痛みがわからないとだめだなって思ったのでした。


“広島「原爆の日」に心に響く小学生のスピーチ” への1件のコメント

  1. 本当に素晴らしいスピーチでしたね。どこかで文章が載っていたら
    是非もう一度読みたいです。