TBSラジオ「バトルトークラジオ・アクセス」宮崎哲弥&宮台真司の「M2」日本人のセックスの回数が世界最少

公開日:

今夜水曜日のトーク・パーソナリティーは、評論家の宮崎哲弥。
ナビゲーターは、渡辺真理です。
そして、バトルトークのテーマは・・・
『Wトークパーソナリティ・スペシャル!!
 今夜は宮崎哲弥&宮台真司の「M2」で、日本人の性意識を考える。
 「日本人はセックスに無関心で、回数も世界最少」という調査結果。
 この傾向は、問題だと思いますか?』

ラジオで聞くのは初めてかな。家はTBSの入りがあまり良くない。
でも、金曜の荒川強啓のデイキャッチは宮台さんが出てるので毎週MDで録音して聞いてる。
問題じゃないが問題だ、の倍だった。
私は問題だと思った。それは
セックスに関心を持つのは自然なこと。
他の国の結果は自然なこと。
日本は不自然だと思う。
日本の回数はあまりにも少ないと思う。
トップのギリシャの3分1にも満たず、欧米の半分にも満たず、比較的少ないアジアの国々の中でもダントツで少ない。
セックスの回数と豊かさは比例すると思う。
性的な満足を十分に得ていないと何らかの影響があると思う。
一方で自然的なことは価値あることだと認識されるのに、セックスをすることに価値を見ないのは矛盾だと思う。
なかなか説得するのは難しい。
いい景色を見たら感動するようなもの。
それはなぜかを説明するのは難しい。
物を食べたいと思うように、眠たいと思うように性欲を満たしたいと思うのである。性欲を満たさなくても死にはしないが、欲望はあることは確かだし、満たされなければ何らかの影響がでる。
代替えの利くような物ではない。

そもそも変わりに何をしているというのか?
セックスよりも有意義なことをしていると考えるのは大きな誤りだ。
コストばかりかかり、時に自然を破壊し、人工的な物なのではないのか?
もっとセックスをし、満足を得て、穏やかな気持ちになって欲しい。
日本人は経験が足りないのかな。
セックスをいやらしい物と考えるか、単に子供を作るためとの考えが、あまりに長く続いてしまったのでは。
セックスするしないはもちろん個人の勝手だが、長いことかけてできあがったプログラムに逆らうには並大抵ではない。
少子化
子作りのためのセックスと考えてもセックスしないんじゃ子供は増えないわな。少子化対策としていろいろ論じられているけど、セックスの回数が少ないからっていう話は聞かない。一番重要なところ意外にお金をかけてもそれじゃ効果はあまり期待できないね。
渡辺真理
あまりテレビの時のイメージは無いけど前回大晦日のポッドキャストで聞いたときも思ったけど、彼女なかなかいいですね。宮台真司のポッドキャストの司会をやった女性はいまいちだったけど。
なかなか気に入った。

作成者: ひろしっち

プロのマジシャンやってます。 こちらは昔のブログから移行した記事とマジックとは関係ない記事などです。 マジック関連は以下をご覧ください。 ひろしつちや マジシャン出張、派遣マジックショー 記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。 フォローも良かったらお願いします。 Instagram / YouTube / Facebook