TOEIC受験の会場は亜細亜大学

公開日:

前回から2ヶ月ちょっと間が開いて今年2回目のTOEIC受験をしてきました。
場所は1度受けたことのある武蔵境の亜細亜大学です。
ここは家から遠いです。
もっと近い会場にしてください。

部屋も狭く、なぜか男がほとんどでむさくるしく、また、部屋の温度もめちゃくちゃ熱かったです。

試験のほうですが、問題は簡単だったと思います。
試験時間ピッタリで最後までできました。
簡単な問題の時は当然みんなもできるのでその分点数も厳しくなりますが、今までの感じだと、簡単な問題のほうが点数がいいように思います。

最近はTOEIC用の勉強はまったくしていません。
やっているのはGoogleリーダーで登録したロイターと、BBCのニュースで面白そうなのを1日2、3話読むのと、NHKのBSのABCニュースシャワーを聞いて、インターネットでスクリプトを読むことです。
ABCニュースシャワーはほとんど聞き取れませんが。
しかし、これと比べると、TOEICのテストは本当に基礎的な問題で簡単だと思います。
英語のニュースを聞き取れる人はほぼ満点に近い点数が取れると思います。

パート1は問題なし。
パート2から難しい。whereとwhenが区別できなかったり。
パート3はあんなにやり取りの回数多かったでしたっけ?
必死にやるのがしんどいので先読みをしませんでしたが、ほとんどちんぷんかんぷんなのは少なかったです。
やはりまだ私のレベルだと先読みしたほうが絶対有利ですね。

パート4は真ん中ぐらいから、ほとんどわからないような内容のもありました。
一番難しかったと思います。
私のレベルだと、あまり点数には関係ないのかもしれません。

パート5はTOEICの勉強をしていないので簡単な文法の問題がわかんないなーというのがありましたが、最近の傾向は単語の問題が多くそちらはまずまず出来たかな。
いつもリーディングの点数が低いのでここはもう少し出来るようにしないといけないなあと、思ったのでした。
文章を読むだけだとなかなかここでの力が付きません。
毎日英語のblogを書いたりすれば少しは力が付くかなと思ってますが実行に移せてません。

パート6は普通に文章を読んでいって解く問題で、特に感想はなし。

パート7は、いつも時間が足りないのですが、それ程難しくなかったので、ギリギリで最後まで出来た。
文章も何について語っているのかちんぷんかんぷんのは無かったし、全部読まないと解けないような難しめの問題が少なかったので、私には良かったです。

予想スコアーはリスニングが380でリーディングが320ぐらいで合計で初の700台になっていればいいなと言うところです。

実力的には後、2、3歩かな。
もう一歩で一度読んで意味を理解出来るようになれば、リーディングの時間に少し余裕が持てるのにと思います。
でも、ここ最近全然進歩がなかったけど、なんとなくレベルアップの兆しが見えたので今回の受験は良かったかなと思います。

作成者: ひろしっち

プロのマジシャンやってます。 こちらは昔のブログから移行した記事とマジックとは関係ない記事などです。 マジック関連は以下をご覧ください。 ひろしつちや マジシャン出張、派遣マジックショー 記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。 フォローも良かったらお願いします。 Instagram / YouTube / Facebook