クーラーを使わずに打ち水で凌ぐ


毎年クーラーをガンガンかけている私ですがなにせ今年は金がないので窓開けて、ベランダに水撒いて何とか暑さをしのいでいます。
水分取って汗を掻くと結構涼しくなります。
しかし、昨晩は夜中でも30度を下回りませんでした。
南を向いていない私の家も現在34度近くになります。
これぐらいが耐えれる限界ですかねえ。
これ以上だと体温超えちゃうし。

打ち水って最近見直されているようですが、金かかんないし(水道代はかかりますが)みんなで協力して街に水撒けば少しは過ごしやすくなるのではないでしょうか。

そういえば昔、夏の暑い日の夜中に自転車で小石川後楽園の近くを通ったらすんごく涼しかったのを覚えています。
東京の温暖化は二酸化炭素の排出のせいもあるのでしょうが、川や水路を埋め立てて、道路をアスファルトで覆い、ビルを建てたのが一番の原因なのではないでしょうか。
汐留のビルなんか壁みたいに建っているので風も堰き止めちゃいますし。

街に水が流れているのって大切なんですね。