vmplayer上にCentosをインストールする手順

公開日:

CentosのVMバージョンをインストールする手順
vmplayerはWindows上にすでにインストール済み。

CentOS 5.5 i386 – minimal installation
※gnomeは付いてないです。

yumでgnomeをインストール

プロキシ設定の場合は以下を実施
/etc/yum.conf に proxy=http:// サーバ名 : port/

gnomeとX Windowをインストール
# yum groupinstall “X Window System” “GNOME Desktop Environment”

/etc/inittab

id:3:initdefault: を
id:5:initdefault: に
(X Windowを立ち上げるだけならstartx)

再起動

こんなエラーが
init: Id “x” respawning too fast: disabled for 5 minutes

X Windowを再インストール
yum groupinstall “X Window System”

画面が立ち上がるがしょぼい画面に

gnomeを再インストール
yum groupinstall “X Window System” “GNOME Desktop Environment”

やっときたー

感想
gnomeが付いてるCentOSのVMがあるならそれをインストールしたほうが楽だな。

続き
VMWare Toolsをインストール
解像度を変更したり,マウスがホストとゲストの間をスムーズに動くそうです。
VMware Serverをインストール
vmware-server-distriblibisoimagesにlinux.isoをcentosのフォルダ(.vmxの入っている)にコピー
CentOS-5.5-i386-virtual-machine-org.vmxを開以下のように修正
ide1:0.fileName = “linux.iso”
そしてVMplayerのCDマークをクリックしてマウント
VMwareTools-2.0.0-122956.tar.gzを解凍し
vmware-install.plを実行
解像度の選択
再起動

こちら参照

次は日本語環境インストールだな

で、続きの日本語環境インストール

●日本語フォント(固定フォント各種、TrueTypeのさざなみ)をインストール。
# yum install fonts-japanese

●日本語入力メソッド SCIM+Anthyをインストール。
# yum install scim-anthy

●システムの言語設定を日本語に。
# system-config-language
GUIの画面が出るので、[Japanese]を選択する。

●#reboot

■キーボード設定を日本語に
vi /etc/sysconfig/keyboard
KEYTABLE=”jp106″に変更

/etc/X11/xorg.conf
Option “XkbModel” “jp106″  # pc105とかになってたら訂正
Option “XkbLayout” “jp”   # usになってたら訂正

再起動

■ssh接続
●ネットワークアダプタの設定がデフォルトNATになっているのでブリッジに変更。
VMwareの仮想マシンの設定から変更。

●IFアドレスの設定
vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
以下の感じで追加
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.0.1
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.1.254

if再起動
/etc/rc.d/init.d/networkをrestart

●sshは初期設定でOK
teratermでroot、rootで接続

以上!

作成者: ひろしっち

プロのマジシャンやってます。 こちらは昔のブログから移行した記事とマジックとは関係ない記事などです。 マジック関連は以下をご覧ください。 ひろしつちや マジシャン出張、派遣マジックショー 記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。 フォローも良かったらお願いします。 Instagram / YouTube / Facebook