javascriptでエラーを表示する方法 macのchromeとsafari

公開日:

phpだとエラーがでると画面上に表示されるけどjavascriptでは表示されないんですね。
長いことエラー箇所を特定するのに時間がかかって困っていたのですがブラウザの機能を使うと表示させられるそうです。

Macのchromeとsafariでjavascriptのエラーを表示する方法です。

chrome

設定(スパナのマーク)から
[ツール] => [JavaScriptコンソール]を選択で表示される。

safari

最初にメニューバーに[開発]を表示させる。
メニューバーの[safari] => [環境設定] => [詳細] => [メニューバーに”開発”メニューを表示]にチェック。

メニューバーに表示された[開発] => [エラーコンソールを表示]を選択すると表示される。

この状態でjavascriptを実行するとエラーがあった場合にエラーが表示されます。
以上。

作成者: ひろしっち

プロのマジシャンやってます。 こちらは昔のブログから移行した記事とマジックとは関係ない記事などです。 マジック関連は以下をご覧ください。 ひろしつちや マジシャン出張、派遣マジックショー 記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。 フォローも良かったらお願いします。 Instagram / YouTube / Facebook