当時4歳の母の運命を分ける広島の原爆体験

新宿サザンテラス口広場
公開日: 更新日:

今日、8/6は広島に原爆が落とされてから75年目になります。
その時、広島に住んでいた母は当時4歳で爆心地から1.7キロの距離の家に住んでいました。直前に隣の家の子と家の前でお喋りをしていたそうです。母はたまたまトイレに行きたくなって家に入りそこで原爆が爆発します。家に入った母は直接の爆風から逃れて助かります。
外にいた隣の子は直接爆風を浴びて「熱いよ、熱いよ」と言いながら亡くなったそうです。

隣の子はとても可愛そうですね。母も一つタイミングがずれていたら一緒に亡くなっていたことでしょう。
その時にトイレに行きたくなったかどうか、我慢しようとせずに家に入ったことが生死の運命を分けました。
その時に亡くなっていれば当然私も生まれていなかったわけです。

この話は小さい時に何度も聞かせれました。
その後母は小学校などで語り部をしてこの話を何度もしています。

2度とこう言った悲しいことを起こしてはならないと毎年この日に思います。

母は今79歳です。最近はフラフラするなどあまり体調が良くなかったりもします。
数年前からは視力も悪くなり語り部も現在はやめてます。
色々と心配ではありますがこの悲惨な原爆でも死なずに生きてきたのですから長生きして欲しいなと息子として思います。

作成者: ひろしっち

プロのマジシャンやってます。 こちらは昔のブログから移行した記事とマジックとは関係ない記事などです。 マジック関連は以下をご覧ください。 ひろしつちや マジシャン出張、派遣マジックショー 記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。 フォローも良かったらお願いします。 Instagram / YouTube / Facebook