ドメインを新規取得してサイトのURLを変更 サイトが表示されないトラブルに見舞われる

公開日: 更新日:

サイトのURLを変更しました。サーバーはそのままでURLだけの変更です。なのでリダイレクトなどもありません。
変更方法を備忘録で書いておきます。
URLはroshis.pageからhiroshitsuchiya.comに変更です。
ペンネームからフルネームに変更しました。
ちょっと長くなりましたが。

URLを何にするかでかなり悩む

URLは短いほど良いと言われてて元がroshisとかなり短かったわけですがなかなかブログを書く時間も取れず最初に記事を少し書いてから放置してました。
で、もう少し活用しようと思った時に1つ自分のしっかりとした信頼されるサイトを作ろうと。そう考えると世間一般で一番信用されるのは本名だろうなと。なのでフルネームにすることにしました。もうひとつ候補としてはroshitchというのもあったんですけどね。roshiはひろしのろしでtchはつちやの省略です。しかし自分を全面に出したいなと思いフルネームに。

因みに本業のマジシャンの方で調べましたが海外の有名マジシャンのサイトはフルネーム.comになってました。

ドメインは.jpや.netや.xyzや.oneなどいろいろ考えました。長さは2文字の.jpがいいのですがそもそもJapanって響きがあんまり好きじゃないんですよね。JapanよりやはりNipponの方が良いですね。.npドメインだったらこれにしたんですけど.npはネパールに割り当てられているようです。あと.jpは年間の金額が高いです。その他のも考えましたが今回.comが空いてましたし素直にこれにしました。

新しいURLの取得

新しいURLはGoogle Domainsで取ることにしました。
Google Domainsはシンプルでわかりやすいので良いです。安さではお名前ドットコム一番安いです。

Google Cloud PlatformでDNSの設定をする

最初のURLを設定したときに備忘録を書いておいたので間違えなく出来ました。

これで新しいURLで接続できるようになる。

Let’s Encryptの証明書を削除したらサイトに繋がらなくなるトラブル

SSLは無料のLet’s Encryptを使ってますので前の証明書をまずは削除してから新しいのを取得しようと試みる。

$ sudo certbot revoke –cert-name=roshis.page

上のコマンドを実行したところ「データベース接続確立エラー」などに。
結果的にファイルに書いてある前のURLが消えてなくってエラーとなってたみたい。

エラーの確認
sudo apachectl configtest
ファイル名と何行目にエラーがあるとあるので行番号を表示する-nオプションをつけてcatしエラー箇所を特定する。
cat -n

アパッチの再起動
sudo service apache2 restart

ここら辺はなんだかわからなくってapache2削除して再度再度入れたりいろいろ回り道しちゃいました。もう少し落ち着いて対処しておけば良かったなと思うのでした。

その他サイトが見えなくなった時にやった事

phpMyAdminの接続
http://xx.xx.xx.xx/phpmyadmin/index.php

Google Cloud Platformからリセット

Let’s Encryptの証明書の取得

前回やったときの備忘録。
今回URL名を手動で書き換えたりしてたので新規でなく既存のをやるような感じになってた。

ドメインの自動更新を削除

roshis.pageはこれで使わなくなったので次の更新でや得ることにします。購入した時に自動更新になっていたのでこれを無しに変更しました。

作成者: ひろしっち

プロのマジシャンやってます。 こちらは昔のブログから移行した記事とマジックとは関係ない記事などです。 マジック関連は以下をご覧ください。 ひろしつちや マジシャン出張、派遣マジックショー 記事の感想、コメント、質問などはTwitterにお願いします。 フォローも良かったらお願いします。 Instagram / YouTube / Facebook